「仲良しの発想」ー Ez20周年+α記念大講演会

令和3年1月29日(金) 19時よりYouTube Liveで最大6時間

●19時~
 人の巻「関係 一緒に世界を作り上げる」 URL
●21時~
 地の巻「場所 仲良しの社会的実践」 URL
●23時~
 天の巻「時間 子供のままの成熟」 URL

 YouTubeが開ける環境があれば視聴できます。終演後も動画は残ります。すべて無料です。お金を払いたい人は、後日僕のお店などに熨斗つけてご持参ください。振込Pay等可desuお問い合わせください。
 19時に始めて、適当なところで休憩して、21時に別URLで再開、またしばらくしたら休憩して23時にまた再開、という予定です。多少前後したらごめんなさい。

 TOPに戻る


 2021/01/27 21:51現在、まだ話す内容はほとんど決まっていません。あまり作り込んでいくつもりもないのですが、つまんない内容にもしたくないので、ちょうどいい具合のところまでは考えておいて、あとはその場に任せようと思っています。(それが散歩や旅の醍醐味であります。)
 少し歩いたら、違う景色が見えて、それで行く道を決めて、また少し歩いたら別の景色が広がっているから、そこでまた道を変える。その都度判断して、素敵そうなほうへ好きなように行く。そのような作られ方をしているのがこのHPでありこの人生でもあるので、そのような話し方を「講演」(大きく出ている)でもやると思います。

 なぜこんなことを唐突にするのかは、たぶん本編で語られます。20年間連綿と(多少の断絶はありながら)続いてきたこのホームページは、もう今さら「決定版といえるような文章」を作れません。「この20年間を総括してみよう!」と思っても、無理です。なぜならばこのホームページはもう、内容や面白さというのではなく、その「時間」と「量」こそが何よりも雄弁に語ってしまうようなものになってしまっているからです。存在そのものに最も価値があって、「続いている」ということが一番の意味になっている。それは「今書いていることがつまらない」という話ではなくて、「今書いていることもすばらしい」からこそ、「続いている」と胸を張って言えるのでございます。
 15歳の僕が(何も考えず)胸を張って書いていて、今の僕だって胸を張っているのだから、そのこと自体が実に美しくてうれしい、というようなこと。
 このホームページはもう、そのようにして持続していくことがたぶん正道で、「決定版! これさえ読めば20年分が一気に!」なんてことしなくてよい(できない)。ただ、それでもなんか記念碑はほしいし、20周年という中間地点をどうにかして保存しておきたい気持ちもある。そこで「肉体」と思った次第です。

 僕の肉体には、すなわち見た目や声、話し方、動き方、ちょっとした息づかいや表情などには、見事にちゃんとこの「20年」が詰まっています。これほどわかりやすい証拠はございません。「20年こんなことやってるってことは、こういう人になるってことなんですよ」というような示し方をしたいわけです。ゆえに実のところ、語る内容は何でもよかったりもします。
 でもそういう存在が語るのはもちろん未来です。記念講演とはいえ昔話や自分史を話したいのではなくて、「これまで」から見る「これから」のことを考えながら何か言えたらと思っております。まあいつも通り(読者諸氏はその「いつも」をご存じないはずなわけですが)陽気に、楽しく、かわいくやります。

 テーマは「仲良し」。それについてはまたここに書くかもしれません。




 2021/01/29 17:21現在、まだ何を話すかが固まっておりません。いちおう台本(?)のようなメモ書きを作ってはいるのですが、第三部の途中までしかできておりません。どうしても、どうでもいいようなことを書き込んでしまうので、なかなか進まないのです。
 第一声も決めてないです。なんとなくこういうことは言いたい、というのはあるので、別に黙り込むなんてことはないと思いますが、出たとこ勝負で、適当にやります。面白いとは思います。
 ここもいろいろ書く予定だったのですが、書くよりも語ってしまえと思うと、ここには何を書くべきなのだろう? と逡巡して、なかなか。
 ともかく言えるのは、僕だって「よーし講演だーワクワク」という気持ちは少なくて、「うわーどうしようー」という感じでいっぱいなのだ、ということです。こんなことやって何の意味があるのか? そんなにやりたいのか? と、これをやると決めてから一週間ずっと自問しております。いやーでもそれこそまさしく、僕のこのホームページと一緒なのです。こんなことやって何の意味があるのか? そんなにやりたいのか?
 僕はそこで、「いや、意味はあるのだ!」と信じようという態度ではございません。「わかんないけど、とりあえずやってるんだからやっておこう」というだけです。しかも毎日更新、とかいう縛りをもうけているわけでも(今は)ありません。散歩のように、気ままにやっております。だからこの講演(相変わらず大きく出ている)も、散歩でいいよなー、と。


 2021/01/30 1:37。おしまいです。↑のURLからアーカイブ見られます。

jacky sun in the park
ko-en no naka no jacky san

TOPに戻る